潜水艦は厚さ5ミリメートルのボイラー板でできていて、全長は長さ6メートル、幅2.25メートル、高さ1.85メートルのものだったそうだ。高さ 1メートルの2つの塔と人々が入る直径0.8メートルの蓋があり、深さ13メートルまで潜ることができたんだそうで、まあこんな感じの形だったんだそうだ。
shilder_00
a5_0


とりあえずこの最初の潜水艦が無事に潜水できたということで、1838年に新たなる改良を加え、ロシアの潜水艦の歴史が始まっていったんだそうだ。
delfin_07

delfin_21

delfin_22

delfin_23

forel_01

forel_02

krab_02

minoga_03

okun_01

pothtovy_01


世界の潜水艦の歴史を振り返ってみると、すでに17世紀のはじめには、オールで進む木造の潜水船があったとされているのだそうだ。その後18世紀の産業革命を契機に、潜水艦はその発見されにくい性質から、武器としての利用がはじまり、1775年から83年までのアメリカ独立戦争では、海戦に参加した世界初の潜水艦といわれるタートル号が登場する。タートル号はクランクでプロペラを回し前進するタイプのものだったという。

世界初の潜水艦、タートル号
turtle_essex
Bushnell-turtle-big

天若我情 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()