1.ダニ
ダニにはいろいろな種類が存在する。世界で約2万種と言われている。比較的小型のものが多く、大きいものでも1cm程度。
PRinc_photo_of_3_deer_ticks


ダニに刺されると・・・
 身体(非露出部が中心)に対称はなく赤いブツブツが出来てかゆくなる。人に依って真っ赤に大きく腫れてとても痒い人と刺されても刺し跡だけで全然痒くない人まで反応は様々。
dermnet_photo_of_tick_burrowing_in_skin


マダニはしばしばライム病を媒介する
3



セアカゴケグモ
セアカゴケグモは、有毒の小型のクモの一種。本来日本国内には生息していなかったが、1995年に大阪府で発見されて以降、その他いくつかの地域でも見つかった外来種である。
4


セアカゴケグモに刺されると・・・
咬まれた部位は、ちくっとした痛み、あるいは激しい痛みを感じる。その後、咬まれた場所が腫れ、全身症状(痛み、発汗、発熱など)が現れる。手当てが遅れると毒素の効果により皮膚が腐っていくことがあるため、咬まれたら、特に子供は、医療機関での早急な診察が必要である。
5



ドクイトグモ
ドクイトグモの成虫の体は、3.8cm程度まで大きくなる。成虫には特徴的なバイオリン模様(腹側)がある。主にアメリカに生息。
6


ドクイトグモに刺されると・・・
すぐには痛みが生じないが、約1時間以内にかみ傷の周辺に痛みを生じることがある。痛みは激しく、傷のある領域全体が赤くなったり、あざができたり、かゆみを生る。体の他の部分もかゆくなります。その後、赤くなった部分には、水疱ができ、水疱は大きくなって血液がたまり、破裂して開放性のびらん(潰瘍)を形成し、大きなクレーター状の瘢痕(はんこん)を残す。吐き気、嘔吐、痛み、疲労感、寒気、発汗、血液の病気、腎不全がみられることがありますが、死に至ることはほとんどないそうだ。
cdc_photo_of_brown_recluse_spider_bite





アタマジラミ
衛生、不衛生に関係なく、先進国でも感染が蔓延しているアタマジラミ。アタマジラミの成虫の体長はオスが約2mm、メスが約3mm。卵の大きさは約0.5mm。卵は髪の毛に産みつけられ、約10日で幼虫、それから8~10日で成虫になり、頭皮を吸血する。
8


アタマジラミに刺されると・・・
吸血が繰り返されて行われているうちに痒みが起こる。その度合いは人により異なる。
9




ノミ
ノミは世界のあらゆる場所で確認できる生物。体長約2mm、運動機能にすぐれ、跳躍距離は体長の約60倍、そして約100倍もの高さに飛び上がることができるという。飽血時には体重の約20倍もの吸血する。
10


ノミに刺されると・・・
ノミに刺された痒さは蚊の比ではないという。ただやはり個人差があり、人によっては赤く腫れ水ぶくれ状態となる場合もあるが、人によってはたいしたことない場合もあるそうだ。
11



ハチ
刺された蜂の種類によっては死に至ることもあるという侮れない一刺し。近寄らないに越したことはない。
12


ハチに刺されると・・・
強いアレルギー反応を起こし、医師による治療が必要となる。
13



ヒアリ
地域の生態系に重大な被害を与える種を侵略的外来種ワースト100にも指定されているヒアリは、南アメリカから北上し、その勢いはとどまることをしらない。農業被害やインフラ被害等、多様な被害を出し、その被害額は年間50~60億ドルにも上るそうだ。
14


ヒアリに刺されると・・・
刺傷による健康被害は甚大で、ヒアリの毒に含まれるタンパク質によって過剰なアレルギー反応を起こす人も少なくなく、現在では年間約100人程度の死者を出している。
15



フトゲツツガムシ
ツツガムシに共生するリケッチア菌によりツツガムシ病を発病する。
16


フトゲツツガムシに刺されると・・・
潜伏期は5 ~14 日で、典型的な症例では39 ℃以上の高熱を伴って発症し、皮膚には特徴的なダニの刺し口がみられ、その後数日で体幹部を中心に発疹がみられるようになる。
17



疥癬/ヒゼンダニ
肉眼では見えない非常に小さなダニの一種。メスは体長0.4mm、オスは0.3mmほど。メスは手首や手のひら、指間、足、肘、腋の下、外陰部などで角層に横穴を掘り進み(疥癬トンネル)、卵を産みつける。
18


ヒゼンダニに刺されると・・・
非常に激しいかゆみを伴い、夜など、布団に入って体が温まるとさらにかゆみが激しくなる。これはヒゼンダニが皮膚に卵を産み付けるためである下腹部、わきの下、指と指の間などに、赤いボツボツや小さな水疱ができ、ほおって置くと、首から下の全身がかゆくなり、湿疹が多数発生する。
19



トコジラミ(南京虫)
欧米ではbed bugと呼ばれ、アメリカでは21世紀に入り、トコジラミの大発生が問題となっている。成虫は8mm程度に成長するため、目視が可能である。不完全変態のため幼虫も成体とほぼ同一形状。外見は、吸血前でも赤褐色を呈している。
20


トコジラミに刺されると・・・
激しいかゆみが生じる。俗に、刺されると肌に2つの赤い痕跡(刺し口)が残ると言われるが、実際には刺し口は1つであることの方が多い。かゆみは刺された当日よりも2日目以降の方が強い。刺咬の痕は1~2週間以上消えないという。
21



プス・キャタピラ
サザン・フランネル・モス (Southern Flannel Moth) という蛾の幼虫で、毛布のような毛で全身が覆われている。
22


この毛布のような毛の中のくぼんだ背骨に猛毒があるそうだが、刺されると激痛、発疹、熱、噴出および筋痙攣の波が押し寄せる。死に至ることもある。
23



その他

サソリ
すべてのサソリが有毒ではないが、サソリの毒は神経毒とされ、強い毒をもつサソリに刺されると、中枢神経や心臓に作用し、激しい痛みを伴った筋肉の痙攣や呼吸障害を起こす。刺された箇所や他の部位(肺など)の、壊死なども引き起こす。
24



Deerflies(シギアブ)
25




もうすぐこいつの季節です。
26



ウマバエ(ヒトヒフバエ)
いろんな動画が出回っているからご存知だと思うが、卵を産み付けられるとでかい幼虫を除去しなければならないので要注意。
27



ゴキブリ
刺されることより、サルモネラ菌をたくさんもってくるので注意が必要。
28

天若我情 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()